美白スキンケアを極める

2009年09月13日

読みながら面白さにジタバタ転げまわるレベル

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) ちはやふる (2) (Be・Loveコミックス) ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス) ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス) ちはやふる 6 (Be・Loveコミックス)
 『ちはやふる』が面白すぎて生きるのがつらい。
 もうマジ辛い。『こんな面白いマンガなのに、すぐ読み終わっちゃう! つらい!』ってなるくらい面白い。
 以前から、友達に飛び飛びで読ませてもらってたんですが、6巻が出るってことで一気に全巻買い。もうね、大正解。6巻が頭おかしいんじゃねえかってくらい面白い。スポ根少年漫画だったら絶対『土壇場のド根性』でしか活躍出来なさそうなチーム内モブが、きっちり成長&活躍しているのが超面白い。
 細かく語ればいくらでも語りたいことはあるんですが、総括すると『超面白い!』としか言いようがない。
 とりあえず、今年度で一作品上げろとしたら間違いなくコレ。
 ああ、7巻まであと3ヶ月もあるよ、待ちきれないよママン。Be・Love買っちゃおうかしら。『ちはやふる』以外読むものないけど。

あらびき芸人がCDで音楽シーンに殴り込み
>本作は、主にどぶろっくとモンスターエンジン西森の楽曲を中心に構成されている。
 今どき、芸人のCDなんて……と思ったが、この二組なら話は別だ。絶対買う。
 『とろける鉄工所』がアニメ化するときは、西森に主題歌を頼むとよい。EDは大林の仁鶴師匠弾き語りです。

萌え絵もアメコミだとかなり違う「Sexy fairy tales」
 これはこれで!

ラブプラスが原因で彼女と別れた
 ラブプラスとか関係なく、お前がダメなだけじゃん。