美白スキンケアを極める

2012年11月06日

ゴチメ感想文

ベリントランプもろた。
 ゴティックメード、見ました。
 「ええい早く連載再開せんか永野!」という資格を得るには見なきゃいけないと思ったからね!

 結論として「ありがとう永野。7年も掛けてこのアニメを作ってくれて、本当に有難う永野!」です。

 ネット上で取り交わされている「大きなネタバレ」は実のところ大したことはない。ちょっと気の利いたFSSファンなら設定公開の時点で「ははーん」と気が付いてるはず(某女子の登場には驚いたけど)。
 ゴティックメードがFSSファンに与えた衝撃はそこではないと思う。

 一番端的なものを上げるなら、ベリンが「顎を上げてつま先から接地する歩き方」をする。
 そこである。

 言うまでもなく、FSS第三話アトロポスの章でブラフォードがソープの足跡を見て言った言葉である。「王族っぽいね」と。
 全然想像つかん。どういう歩き方だ。こうか? こうなのか!? と、家でこっそり歩いた者は数知れず(自分含む)。
 その歩き方を、永野護自身の原画で、ベリンが見事に歩いている。
 顎を上げ背を反らし、つま先を伸ばしてすっと前に出す。つま先から地面に降り、踵までつける間に体重を移動させ、前に進む。頭や胸の位置が上下せず、前に滑るように移動する。神秘的な儀式のような歩き方。
 予告編やPVでベリンと侍女たちが石窟から出てくる歩き方でもある。一歩一歩をしずしずと進む。それと同じ歩き方で、ベリンが茜色の大地を歩き種を蒔く。

 全部が永野護の世界観で出来ている。設定やデザインやストーリーというレベルではない。少女の歩き方一つまで、何もかもが永野護そのもの。

 高貴な少女はどのように歩き、どのように舞うのか。
 ウォーキャスターの超人的な剣技は、どのような動きを基本にしているのか。
 巨大ロボットが立ち上がる時、どの関節がどのように動くのか。

 「なんでロボットがスライドするみたいに動くの。ガンダムみたいに重々しく動いてよ」とか、もうね。アホか!と。
 あれはああ動くものなの! でっかいロボットが、人間と同じように筋肉の収縮と体重移動で動くわけないでしょ! 可動フレームと高出力で巨大な装甲を移動させて、『立たせている』からああなるの!
 そういうのを見て、「そうなんだね、見せたかった世界はこれなんだね!」と受け入れられる人間には死ぬほど面白く、
 「今風の、重量感ある人型兵器の殴り合いや、カメラフィルタバリバリかけた映像や、斬新な構図の切り取り方を見せてください」という人にはものっすごく退屈。
 そういうのは、ない。今風とか、流行とか、最先端技術を駆使した映像とかは、ない!
 ここにあるのは、30年前から常に不動であり続けた純然たる「オリジナル」である。

 あ、最新技術はあった。
 なんか、映画館で見るにしても異常にくっきりしてる……と思ったら、映像がフルHDどころか4Kで制作されているらしい。上映館に5分持ち込むためにビットレート落としまくってようやくBD一枚に収まったとか。
 ご自宅に4Kモニタが無い限り、そして、4K映像をそのまま収録できるメディアが開発されない限り、あの映像は劇場でしか見れないのです。
 分かったらさっさと劇場行って来なさいってこった。

 音も素敵だよ。

Counter

About

Satellite

Web Clap

PROFILE

AA

Search


Category Archives

Recent Entries

  1. エヴァQさん。
  2. ゴチメ感想文
  3. 新刊通販開始
  4. 夏コミも出ますよ
  5. ゴールデンウイークの予定
  6. 冬コミ
  7. タイバニ本
  8. 夏のサークル活動
  9. 夏コミ以降、ちょっと変わります
  10. おはようございます。